×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



※受講希望者向けの「Q&A」です
ご質問がある方は「こちら」からお送りください※
【Q5】動詞の変化が沢山あり、全部は覚えられないのですが? 「集中講座」の受講資格である活用と派生形を暗記するだけで結構です。不規則動詞の活用形などは、受講中に実例を学ぶことで自然に覚えられますので、最初から無理して暗記することはありません。
【Q4】辞書は何を使えば良いですか?
土曜講座を受けるのであれば、「HANS WEHR」の辞書が必須です。そのほかの辞書に関しては、講義中にお伝えします。
【Q3】地方に住んでいるので、講座に通えないのですが? アラビア語は発音が難しく文法が複雑なため独学は容易ではありません。
ただ、読み書き基礎講座は、音声ファイルなどの教材で何とか自習できます。その上で、長期休み中に連続集中講座を開きますので、一度参加されることをお勧めします。その後は、音声ファイルと教材などによる通信授業が可能になります。
【Q2】イスムやハルフ、及び主語、述語の概念などアラビア語によるアラビア語文法教育方法は日本語など他言語による教育方法と異なっているようですが、どちらの方法 でアラビア語を学ぶのが適当ですか? 日本人には日本語による文法概念による説明の方が理解しやすいと思います。ただ、アラビア語のみで教育する機関もありますし、アラビア人に質問するにはアラビア語の文法用語を知っていた方が役立ちます。集中講座では、日本語で書かれた文法書を土台にして、アラビア語で書かれた初級用文法書も併用するのでアラビア語の文法用語も同時に覚えられます。
【Q1】方言(アーンミーヤ)の講座は無いのですか? 方言は文語(フスハー)を知っていれば、現地で自然に学べます。方言は地域差が激しいので、アルジャジーラなどで使われている文語を基にした標準的な口語体系を教えることは可能です。